全世界でおよそ2億5千万人がプレーすると言われているサッカー。それぞれの国でリーグ戦やカップ戦が行われていますが、世界一を決める大会もいろいろと行われています。それではサッカーユニフォームは世界ではどんなものがあるのでしょうか。

最も盛り上がるのはワールドカップ

サッカーの世界大会でもっとも有名で最も盛り上がるのは何といってもワールドカップでしょう。昔は日本のメディでは「サッカーワールドカップ」と呼んでいましたが、現在では「FIFAワールドカップ」と呼んでいます。FIFAとは世界のサッカーを統括する団体、国際サッカー連盟ですね。サッカーの国別世界一を決める大会で、オリンピックは都市が開催するのに対し、FIFAワールドカップは、国が開催します。それだけに規模が大きく、単一競技の世界大会にもかかわらず、スポーツの祭典オリンピックをしのぐ規模を誇っています。この大会は、フランス人のジュール・リメ氏が提唱し、1930年に第1回大会がウルグアイで行われました。優勝国は開催国のウルグアイでした。アジアで最高の成績を収めたのは2002年の日韓大会の韓国のベスト4でした。この時日本ではベッカムブームなどあってそのサッカーユニフォームは飛ぶように売れました。

FIFAは年代別世界大会も主催しています

FIFAワールドカップは、フル代表の世界一を決める大会ですが、このほかにも各年代別の世界一を決める大会も行っています。U?20(20歳以下)、U?17(20歳以下)などがそれで、かつてはワールドユース、ワールドジュニアユースと呼んでいましたが、現在はワールドカップに統一されています。オリンピックのサッカーは当初はアマチュアだけの大会で、長い間旧ソ連をはじめとした東ヨーロッパの国の独壇場でしたが、1984年のロサンゼルス大会よりプロ選手の参加が解禁となり、それ以来ワールドカップに出場していない選手という限定でプロ選手が出場できるようになりました。IOCはオリンピックをワールドカップ並みにしたかったようですが、FIFA側が「ワールドカップは2つもいらない」と突っぱね、1992年のバルセロナ大会から23歳以下の選手限定の大会となりました。これによって代表以外にもU23のサッカーユニフォームも販売が飛躍的に伸びることになります。

クラブチーム世界一決定戦はクラブワールドカップ

サッカーサッカーのクラブチーム世界一を決める大会はFIFAクラブワールドカップといいます。これは1960年から始まった、南米王者と欧州王者がホームアンドアウェーで対戦するインターコンチネンタルカップが始まりです。ただ、この大会は、開始当初から観客や選手同士が熱くなりすぎて、荒れる大会として有名でした。そして、1970年代に入ると、欧州側が出場を辞退することが増え、結局、70年代後半には大会自体が棚上げとなってしまいました。そこで、日本の広告代理店がトヨタにスポンサーになってもらい、日本という第三国で世界一を決める大会を始めたのです。これが、トヨタカップです。しかし、トヨタカップのほかにも2000年から世界クラブ選手権というのが始まり、クラブ世界一を決める大会が2つになってしまいました。そこで、2005年にこの2つを統一し、6大陸連盟のチャンピオンが対戦する大会となったのです。

岐阜市内にも、多くの看板を設置させていただいております。学割もございます。まとめてお申し込みいただくと、1枚当りの商品代金を割引させていただきます。 メール、FAXでのお問い合わせは24時間受付中です。 岐阜市内でラッピングバスを数台走らせています。 最低ロット100枚以上で大口割引対応いたします。 プロの職人であるベテランの職員が、1枚1枚魂をこめてプリントいたしております。 オリジナルのスポーツウェアを作ろうと考えている方にお勧めのお店!